楽団紹介

旭川交響吹奏楽団とは?

 1972年(昭和47年)に旭川市内の高校生を中心に発足した、アマチュア吹奏楽団です。

「感動サウンド!交響サウンド!」を合言葉に団員が一致団結して皆様にお楽しみいただける演奏活動を行っています。

 毎年秋には定期演奏会を開催し、その他にも様々なイベントに参加しております

 現在は、旭川市内もとより旭川近郊から社会人を中心に集まり、

毎週月曜日・隔週水曜日に、主に旭川公民館で練習を行っております。

音楽監督・仁木英雄

 旭川東高等学校卒業後、陸上自衛隊中央音楽隊に入隊。

クラリネットを大橋・松代・小笠原・東儀の各氏に師事する。

 武蔵野音楽大学器楽学科(クラリネット専攻)を卒業、陸上自衛隊第2音楽隊に勤務の後、教員として旭川市立六合中学校・美瑛町立美瑛中学校・旭川市立東明中学校・旭川市立東光中学校に勤務。

平成18年に教員を退官した後にも、旭川市内及び近郊で精力的に吹奏楽・合唱等の指導をしている。

 現在、旭川市民バンド協議会会長・武蔵野音楽大学同窓会道北支部支部長・美瑛混声合唱団クラルテ指揮者・旭川交響吹奏楽団音楽監督の要職に当たる。

美瑛町教育奨励賞・財団法人音楽教育振興財団 第1回音楽教育振興賞受賞。

練習について

練習日は毎週月曜と第2・第4水曜日です。
演奏会近くには練習日を増やす場合もあります。

場所は主に旭川市中央公民館音楽室(住所:旭川市5条通20丁目1717番地209)で行っています。
会場の都合により変更の場合があります。

18:00~22:00の間で使用でき、合奏時間を20:00~21:30とします。